FC2ブログ
2010.09.16 (Thu)

アロマの香りのプチ辞典

                アロマって? 

アロマテラピーとは? ”自然療法” という意味で、 
植物の花や葉、果実などから抽出した精油を使ってアロマテラピーといいます。

           アロマ
実際に、山など 木々の清々しい香りを吸い込んでリフレッシュしたり、
レモンなどの香りをかいで爽やかな気分になる、
花の香りでうっとりしたり、ハーブティを飲んだりすることもそうだと思います。

香りのもつパワーが、心に働きかけて、心身をリラックスしたり、
体の自己治癒を高める作用があります。

    香りは・・・
香りの分子が、3つの方法で 心と体に影響を与えるといわれています。

                          香り
    ひとつめ・・・
鼻から大脳へ~
香りの分子がに入ると・・脳へ信号がピコピコ伝わり・・
香りは、記憶力や感情などに関わる部分をゆさぶったり、
免疫系やホルモン、自律神経などへ働きかけ、心や体に様々な影響を及ぼします。


    ふたつめ・・・
鼻から肺や血管へ~
香りの分子が、から気管を通過してへ入ると、血管の壁を通って
血液に紛れ込み、全身に運ばれていきます。


    みっつめ・・・
肌に触れると~
精油に入れたお風呂に入ったり、
植物オイルとブレンドして肌に塗布することで、
香りの成分は、皮膚の表面から吸収され、皮膚の深部にある真皮まで浸透します。
そこから、毛細血管やリンパ管などに入り、全身に運ばれていきます。


こうして、体内の様々な場所に働きかけ、心と体に働きかけます。 

キャンドルやアロマポットなどでお部屋に香らせたり、
お風呂、ハンカチに付ける・・などなど、おうちでもかんたんにアロマが楽しめます。


       GRP_0061.jpg
香りをブレンドすると・・ 個性的な香りも柔らかくなり、相乗効果も
それぞれの香りの効能も大事ですが、香りをかいで気に入った香りが1番
でも、それぞれの香りの特徴を見て選んでみるのも グーです
そんな方に、少しでも参考にしてみてくださいね
好きな香りの種類も増やして、アロマを楽しんでください
スポンサーサイト



15:28  |  ☆アロマ辞典  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT